Twitter APIでツイートする方法〜access_token編〜【PHPとcURLで実装】

2019年11月29日プログラムPHP,Twitter API,プログラムサンプル

Twitter APIでツイートする方法〜access_token編〜【PHPとcURLで実装】
Twitter APIでツイートする方法〜access_token編〜【PHPとcURLで実装】

PHPでcURLを使ってTwitter APIでツイートするサンプルコードを紹介します。

ユート

今回は全3回の第2回で access_token を取得するサンプルプログラムの解説です。

Twitter APIで access_token を要求するサンプルコード

PHPでcURLを使ってTwitter APIで access_token を要求するサンプルコードを紹介します。

ユート

Twitter APIは、OAuth通信を採用しています。なので request_token と access_token が準備できていない人は こちらの記事 を先に読んでください。

<?php
	/**
	 * access_token
	 */
	// Twitter Developer登録でアプリ登録した時の値
	$consumer_key     = '';
	$consumer_secret  = '';
	$token            = '';
	$secret           = '';

	$request_method = 'POST';
	$request_url    = 'https://api.twitter.com/oauth/access_token';

	$authorizations = [
		'oauth_nonce'            => md5(uniqid(rand(), true)),
		'oauth_signature_method' => 'HMAC-SHA1',
		'oauth_timestamp'        => time(),
		'oauth_consumer_key'     => $consumer_key,
		'oauth_version'          => '1.0',
//		'oauth_callback'         => '',
		'oauth_callback'         => 'oob',
		// Twitter APIのrequest_tokenのレスポンス値
		'oauth_token'            => '',
		// PINコード
		'oauth_verifier'         => '',
	];

	// 署名(signature)作成では、アルファベット順にソートする決まり
	ksort($authorizations);

	/*
	 * Signature_base_stringを作成
	 * ・oauth_signatureを作る時のメッセージ部分
	 */
	$signature_base_string = http_build_query($authorizations, '', '&');
	// HTTPメソッドとリクエストトークンURLをURLエンコードして&で繋ぐ
	$signature_base_string = _rawurlencode($request_method)
								. '&'
								. _rawurlencode($request_url)
								. '&'
								. _rawurlencode($signature_base_string);

	/*
	 * Signature_keyの作成
	 * oauth_signatureを作る時のキー部分
	 * oauth_access_secretがあれば"&"の後ろにつける
	 */
	$signing_key = _rawurlencode($consumer_secret) . '&';
//	if ($oauth_access_secret) {
//		$signing_key .= _rawurlencode($oauth_access_secret);
//	}

	/*
	 * oauth_signatureの作成
	 */
	$oauth_signature = base64_encode(
		hash_hmac('sha1', $signature_base_string, $signing_key, true)
	);
	$authorizations['oauth_signature'] = $oauth_signature;

	/*
	 * リクエスト準備
	 */
	// リクエスト用コンテキスト作成
	$request_context = [
		'http' => [
			'method' => $request_method,
			'header' => [
				'Authorization: OAuth ' . http_build_query($authorizations, '', ',')
			]
		]
	];

	/*
	 * cURL設定
	 */
	$curl = curl_init();
	curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, $request_url);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_CUSTOMREQUEST, $request_context['http']['method']);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTP_VERSION, CURL_HTTP_VERSION_1_1);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_CONNECTTIMEOUT, 30);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_TIMEOUT, 30);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
	// SSL
	curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYHOST, false);
	// レスポンスヘッダの出力
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HEADER, false);
	curl_setopt($curl, CURLINFO_HEADER_OUT, true);
	// Locationヘッダを追跡
	curl_setopt($curl, CURLOPT_FOLLOWLOCATION, false);
	// HTTPヘッダ
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTPHEADER , $request_context['http']['header']);
	if (isset($request_context['http']['content']) && $request_context['http']['content']) {
		curl_setopt($curl, CURLOPT_POSTFIELDS , $request_context['http']['content']);
	}

	// 結果達
	$response = curl_exec($curl);
	$code     = curl_getinfo($curl, CURLINFO_HTTP_CODE);
	$info     = curl_getinfo($curl);
	$error    = curl_error($curl);
	$errno    = curl_errno($curl);

	// 終了
	curl_close($curl);

	/*
	 * cURLの結果
	 */
	$result = [
		'response' => $response,
		// cURLでリクエストした結果達
		'code'     => $code,
		'info'     => $info,
		'error'    => $error,
		'errno'    => $errno,
	];

	echo "<pre>";
	print_r($result['response']);
// cURLリクエストで失敗した時とかは、$resultをprint_rすると原因が分かるかも....
//	print_r($result);
	echo "</pre>";

	if (!$response || $error || $errno || $code != 200) {
		echo "<span>";
		echo 'Twitter APIのリクエストに失敗';
		echo "</span>";
	}

	exit;

	/**
	 * URLエンコード RFC2986版
	 */
	function _rawurlencode($str='') {
		if (!$str) {
			return $str;
		}
		$result = str_replace(['+', '%7E'], ['%20', '"'], $str);
		$result = rawurlencode($result);
		return $result;
	}

サンプルコードのレスポンス値

サンプルコードを実行すると以下のようにJSON形式のレスポンスで access_token がTwitter APIから返ってきます。

oauth_token=************&oauth_token_secret=************&user_id=************&screen_name=************

また access_token のリクエストが成功すると、Twitterアカウントでアプリの連携を確認することが出来ます。

Twitter アプリ連携
Twitter アプリ連携

サンプルコードの解説

PHPでcURLを使ってTwitter APIで access_token を要求するサンプルコードの解説をします。

	// Twitter Developer登録でアプリ登録した時の値
	$consumer_key     = '';
	$consumer_secret  = '';
	$token            = '';
	$secret           = '';

この部分は、TwitterでDeveloper登録を行った時に発行されるアプリの情報をセットします。
関連記事:Twitter APIを利用する為にDeveloper登録する方法

	$authorizations = [
		'oauth_nonce'            => md5(uniqid(rand(), true)),
		'oauth_signature_method' => 'HMAC-SHA1',
		'oauth_timestamp'        => time(),
		'oauth_consumer_key'     => $consumer_key,
		'oauth_version'          => '1.0',
//		'oauth_callback'         => '',
		'oauth_callback'         => 'oob',
		// Twitter APIのrequest_tokenのレスポンス値
		'oauth_token'            => '',
		// PINコード
		'oauth_verifier'         => '',
	];

oauth_tokenの値

oauth_tokenは、Twitter APIの request_token で取得した以下のようなレスポンス値(oauth_token=****)をセットします。
関連記事:Twitter APIでrequest_tokenを取得するサンプルコードを紹介

oauth_token=*******************&oauth_token_secret=******&oauth_callback_confirmed=true

oauth__verifierの値

oauth__verifierもTwitter APIの request_token を行った後の PINコード をセットします。
関連記事:Twitter APIでrequest_tokenを取得するサンプルコードを紹介

request_tokenリクエストからPINコード取得までの流れ

request_token へリクエストした後のレスポンスにある Authorize URL「https://api.twitter.com/oauth/authorize?oauth_token=*」にブラウザでアクセスします。

すると「***にアカウントへのアクセスを許可しますか?」と聞かれます。なので 連携アプリを認証ボタン をクリックします。

そして表示される以下の PINコード を oauth__verifier にセットします。

署名を作成

	// 署名(signature)作成では、アルファベット順にソートする決まり
	ksort($authorizations);

	/*
	 * Signature_base_stringを作成
	 * ・oauth_signatureを作る時のメッセージ部分
	 */
	$signature_base_string = http_build_query($authorizations, '', '&');
	// HTTPメソッドとリクエストトークンURLをURLエンコードして&で繋ぐ
	$signature_base_string = _rawurlencode($request_method)
								. '&'
								. _rawurlencode($request_url)
								. '&'
								. _rawurlencode($signature_base_string);

	/*
	 * Signature_keyの作成
	 * oauth_signatureを作る時のキー部分
	 * oauth_access_secretがあれば"&"の後ろにつける
	 */
	$signing_key = _rawurlencode($consumer_secret) . '&';
//	if ($oauth_access_secret) {
//		$signing_key .= _rawurlencode($oauth_access_secret);
//	}

この配列情報は、署名を作成するための情報になります。

	/*
	 * oauth_signatureの作成
	 */
	$oauth_signature = base64_encode(
		hash_hmac('sha1', $signature_base_string, $signing_key, true)
	);
	$authorizations['oauth_signature'] = $oauth_signature;

そして上記のように署名を作成します。

	/*
	 * リクエスト準備
	 */
	// リクエスト用コンテキスト作成
	$request_context = [
		'http' => [
			'method' => $request_method,
			'header' => [
				'Authorization: OAuth ' . http_build_query($authorizations, '', ',')
			]
		]
	];

署名が作成できたので、次にTwitter APIへcURLでリクエストする準備を行います。HTTPリクエストのヘッダを以下のようにカスタマイズします。
HTTPリクエストヘッダの例:Authorization: OAuth パラメータ名=値,パラメータ名=値,パラメータ名=値,…」

	/*
	 * cURL設定
	 */
	$curl = curl_init();
	curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, $request_url);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_CUSTOMREQUEST, $request_context['http']['method']);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTP_VERSION, CURL_HTTP_VERSION_1_1);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_CONNECTTIMEOUT, 30);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_TIMEOUT, 30);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
	// SSL
	curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYHOST, false);
	// レスポンスヘッダの出力
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HEADER, false);
	curl_setopt($curl, CURLINFO_HEADER_OUT, true);
	// Locationヘッダを追跡
	curl_setopt($curl, CURLOPT_FOLLOWLOCATION, false);
	// HTTPヘッダ
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTPHEADER , $request_context['http']['header']);
	if (isset($request_context['http']['content']) && $request_context['http']['content']) {
		curl_setopt($curl, CURLOPT_POSTFIELDS , $request_context['http']['content']);
	}

	// 結果達
	$response = curl_exec($curl);
	$code     = curl_getinfo($curl, CURLINFO_HTTP_CODE);
	$info     = curl_getinfo($curl);
	$error    = curl_error($curl);
	$errno    = curl_errno($curl);

	// 終了
	curl_close($curl);

そしてcURLでリクエストを行います。

以上がTwitter APIで access_token を取得するサンプルコードの紹介です。つぎが最後の Twitter APIの update でツイートするサンプルプログラム の解説です。

プログラミングスクール受講メリット

・メンターにすぐ聞けるので分からないところでつまづかない
・受講生同士で学び合いモチベーション維持しやすい
・就学後に就職支援や進路サポートを受けることが出来る

ユート
ユート

1985年生まれ1児の父親です。Web系エンジニアを10年以上しています。
プロフィール
Amazon欲しいものリスト

2019年11月29日プログラムPHP,Twitter API,プログラムサンプル

Posted by ユート