Twitter APIへcURLを使ってPHPで利用する方法〜access_token編〜

2019年11月29日システムPHP,Twitter API,プログラムコード

どうも、UT(@ut_1029)です。Webサービスを運営するとTwitterなどのSNS連携することってよくありますよね?今回はPHPcURLを使ってTwitter APIを利用した時のプログラムを紹介します。

Twitter APIへcURLを使ってPHPで利用する方法〜access_token編〜
Twitter APIへcURLを使ってPHPで利用する方法〜access_token編〜

Twitter APIについて

Webサイトやアプリから、Twitterの情報にアクセスして取得したり、Twitterへツイートを行ったりすることができるTwitterが提供してくれているシステムです。よくある例としては、Instagramに画像を投稿するとTwitterに自動でツイートする機能が、このTwitter APIを利用しているシステムになります。

TwitterのAPIについて

ウェブやモバイル端末からTwitterにアクセスできます。Twitterにある情報をできるだけ広く共有するために、API (アプリケーション・プログラミング・インタフェイス)を通してTwitterデータにプログラムレベルでアクセスし、企業、開発者、利用者に提供します。

Twitter APIのaccess_tokenを要求するサンプルコード

今回紹介するTwitter APIaccess_tokenを行う前段にrequest_tokenを行う必要があります。Twitter APIrequest_tokenを利用するサンプルコードは、前回に紹介したので、そちらをご覧ください。
Twitter APIへcURLを使ってPHPで利用する方法〜request_token編〜

<?php
	/**
	 * access_token
	 */
	// Twitter Developer登録でアプリ登録した時の値
	$consumer_key     = '';
	$consumer_secret  = '';
	$token            = '';
	$secret           = '';

	$request_method = 'POST';
	$request_url    = 'https://api.twitter.com/oauth/access_token';

	$authorizations = [
		'oauth_nonce'            => md5(uniqid(rand(), true)),
		'oauth_signature_method' => 'HMAC-SHA1',
		'oauth_timestamp'        => time(),
		'oauth_consumer_key'     => $consumer_key,
		'oauth_version'          => '1.0',
//		'oauth_callback'         => '',
		'oauth_callback'         => 'oob',
		// Twitter APIのrequest_tokenのレスポンス値
		'oauth_token'            => '',
		// PINコード
		'oauth_verifier'         => '',
	];

	// 署名(signature)作成では、アルファベット順にソートする決まり
	ksort($authorizations);

	/*
	 * Signature_base_stringを作成
	 * ・oauth_signatureを作る時のメッセージ部分
	 */
	$signature_base_string = http_build_query($authorizations, '', '&');
	// HTTPメソッドとリクエストトークンURLをURLエンコードして&で繋ぐ
	$signature_base_string = _rawurlencode($request_method)
								. '&'
								. _rawurlencode($request_url)
								. '&'
								. _rawurlencode($signature_base_string);

	/*
	 * Signature_keyの作成
	 * oauth_signatureを作る時のキー部分
	 * oauth_access_secretがあれば"&"の後ろにつける
	 */
	$signing_key = _rawurlencode($consumer_secret) . '&';
//	if ($oauth_access_secret) {
//		$signing_key .= _rawurlencode($oauth_access_secret);
//	}

	/*
	 * oauth_signatureの作成
	 */
	$oauth_signature = base64_encode(
		hash_hmac('sha1', $signature_base_string, $signing_key, true)
	);
	$authorizations['oauth_signature'] = $oauth_signature;

	/*
	 * リクエスト準備
	 */
	// リクエスト用コンテキスト作成
	$request_context = [
		'http' => [
			'method' => $request_method,
			'header' => [
				'Authorization: OAuth ' . http_build_query($authorizations, '', ',')
			]
		]
	];

	/*
	 * cURL設定
	 */
	$curl = curl_init();
	curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, $request_url);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_CUSTOMREQUEST, $request_context['http']['method']);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTP_VERSION, CURL_HTTP_VERSION_1_1);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_CONNECTTIMEOUT, 30);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_TIMEOUT, 30);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
	// SSL
	curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYHOST, false);
	// レスポンスヘッダの出力
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HEADER, false);
	curl_setopt($curl, CURLINFO_HEADER_OUT, true);
	// Locationヘッダを追跡
	curl_setopt($curl, CURLOPT_FOLLOWLOCATION, false);
	// HTTPヘッダ
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTPHEADER , $request_context['http']['header']);
	if (isset($request_context['http']['content']) && $request_context['http']['content']) {
		curl_setopt($curl, CURLOPT_POSTFIELDS , $request_context['http']['content']);
	}

	// 結果達
	$response = curl_exec($curl);
	$code     = curl_getinfo($curl, CURLINFO_HTTP_CODE);
	$info     = curl_getinfo($curl);
	$error    = curl_error($curl);
	$errno    = curl_errno($curl);

	// 終了
	curl_close($curl);

	/*
	 * cURLの結果
	 */
	$result = [
		'response' => $response,
		// cURLでリクエストした結果達
		'code'     => $code,
		'info'     => $info,
		'error'    => $error,
		'errno'    => $errno,
	];

	echo "<pre>";
	print_r($result['response']);
// cURLリクエストで失敗した時とかは、$resultをprint_rすると原因が分かるかも....
//	print_r($result);
	echo "</pre>";

	if (!$response || $error || $errno || $code != 200) {
		echo "<span>";
		echo 'Twitter APIのリクエストに失敗';
		echo "</span>";
	}

	exit;

	/**
	 * URLエンコード RFC2986版
	 */
	function _rawurlencode($str='') {
		if (!$str) {
			return $str;
		}
		$result = str_replace(['+', '%7E'], ['%20', '"'], $str);
		$result = rawurlencode($result);
		return $result;
	}

サンプルコードのレスポンス値

以下のようにレスポンスが返ってきます。

oauth_token=************&oauth_token_secret=************&user_id=************&screen_name=************

access_tokenのリクエストが成功すると、Twitterアカウントでもアプリの連携を確認することが出来ます。

Twitter アプリ連携
Twitter アプリ連携

サンプルコードの解説

	// Twitter Developer登録でアプリ登録した時の値
	$consumer_key     = '';
	$consumer_secret  = '';
	$token            = '';
	$secret           = '';

この部分ですが、前回の記事Twitter APIを利用する方法〜Developer登録〜でやったTwitterDeveloper登録を行い、アプリ登録を行った時に発行される情報であるアプリの情報をセットします。

	$authorizations = [
		'oauth_nonce'            => md5(uniqid(rand(), true)),
		'oauth_signature_method' => 'HMAC-SHA1',
		'oauth_timestamp'        => time(),
		'oauth_consumer_key'     => $consumer_key,
		'oauth_version'          => '1.0',
//		'oauth_callback'         => '',
		'oauth_callback'         => 'oob',
		// Twitter APIのrequest_tokenのレスポンス値
		'oauth_token'            => '',
		// PINコード
		'oauth_verifier'         => '',
	];

oauth_tokenの値

oauth_tokenは、前回の記事Twitter APIへcURLを使ってPHPで利用する方法〜request_token編〜で行ったTwitter APIrequest_tokenで取得した以下のようなレスポンス値(oauth_token=****)をセットします。

oauth_token=*******************&oauth_token_secret=******&oauth_callback_confirmed=true

oauth__verifierの値

oauth__verifierも前回の記事Twitter APIへcURLを使ってPHPで利用する方法〜request_token編〜で行ったTwitter APIrequest_tokenを行った後に、以下のAuthorize URLへブラウザでアクセスを行った後に表示される認証確認にて連携アプリを認証を行います。

https://api.twitter.com/oauth/authorize?oauth_token=*********

そして連携アプリを認証した後に表示される以下のPINコードoauth__verifierの値にセットします。

署名を作成

	// 署名(signature)作成では、アルファベット順にソートする決まり
	ksort($authorizations);

	/*
	 * Signature_base_stringを作成
	 * ・oauth_signatureを作る時のメッセージ部分
	 */
	$signature_base_string = http_build_query($authorizations, '', '&');
	// HTTPメソッドとリクエストトークンURLをURLエンコードして&で繋ぐ
	$signature_base_string = _rawurlencode($request_method)
								. '&'
								. _rawurlencode($request_url)
								. '&'
								. _rawurlencode($signature_base_string);

	/*
	 * Signature_keyの作成
	 * oauth_signatureを作る時のキー部分
	 * oauth_access_secretがあれば"&"の後ろにつける
	 */
	$signing_key = _rawurlencode($consumer_secret) . '&';
//	if ($oauth_access_secret) {
//		$signing_key .= _rawurlencode($oauth_access_secret);
//	}

この配列情報は、署名を作成するための情報になります。

	/*
	 * oauth_signatureの作成
	 */
	$oauth_signature = base64_encode(
		hash_hmac('sha1', $signature_base_string, $signing_key, true)
	);
	$authorizations['oauth_signature'] = $oauth_signature;

そして上記のように署名を作成します。

	/*
	 * リクエスト準備
	 */
	// リクエスト用コンテキスト作成
	$request_context = [
		'http' => [
			'method' => $request_method,
			'header' => [
				'Authorization: OAuth ' . http_build_query($authorizations, '', ',')
			]
		]
	];

署名が作成できたので、次にTwitter APIcURLでリクエストする準備を行います。HTTPリクエストのヘッダをカスタマイズします。
「Authorization: OAuth パラメータ名=値,パラメータ名=値,パラメータ名=値,…」

	/*
	 * cURL設定
	 */
	$curl = curl_init();
	curl_setopt($curl, CURLOPT_URL, $request_url);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_CUSTOMREQUEST, $request_context['http']['method']);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTP_VERSION, CURL_HTTP_VERSION_1_1);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_CONNECTTIMEOUT, 30);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_TIMEOUT, 30);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
	// SSL
	curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
	curl_setopt($curl, CURLOPT_SSL_VERIFYHOST, false);
	// レスポンスヘッダの出力
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HEADER, false);
	curl_setopt($curl, CURLINFO_HEADER_OUT, true);
	// Locationヘッダを追跡
	curl_setopt($curl, CURLOPT_FOLLOWLOCATION, false);
	// HTTPヘッダ
	curl_setopt($curl, CURLOPT_HTTPHEADER , $request_context['http']['header']);
	if (isset($request_context['http']['content']) && $request_context['http']['content']) {
		curl_setopt($curl, CURLOPT_POSTFIELDS , $request_context['http']['content']);
	}

	// 結果達
	$response = curl_exec($curl);
	$code     = curl_getinfo($curl, CURLINFO_HTTP_CODE);
	$info     = curl_getinfo($curl);
	$error    = curl_error($curl);
	$errno    = curl_errno($curl);

	// 終了
	curl_close($curl);

そしてcURLで実行を行います。

\今なら/Amazonギフト券チャージでポイントが貯まる

Amazonチャージでギフト券をチャージするとお得
Amazonチャージでギフト券をチャージするとポイントが貯まる

Amazonチャージでギフト券をチャージしておくとポイントが貯まるのでめっちゃお得です。

UT

Amazonを利用している人ならお得な情報です。

Amazonチャージとは

Amazonギフト券を事前にチャージしておけるサービスです。特典としてチャージする度にポイントが付与されるのでお得です!

  • 5,000円以上:0.5%
  • 20,000円以上:1%
  • 40,000円以上:1.5%
  • 90,000円以上:2%

※Amazonギフト券の有効期限は10年間と長いので、9万円チャージしたとしても1年に9,000円以上使うのであれば無理なく使い切れます。

リンク:Amazonチャージはこちらから。

クレジットカードでチャージすると0.5%ポイントが貯まるキャンペーンが開催中

さらにAmazonプライム会員ならクレジットカードでチャージすると0.5%ポイントが貯まるキャンペーンが開催中
クレジットカードチャージで0.5%ポイントが貯まる

さらにAmazonプライム会員ならクレジットカードでチャージすると0.5%ポイントが貯まるキャンペーンが開催中です。

UT

以下のリンクからキャンペーンにエントリーする必要があるので注意が必要です。

リンク:Amazonチャージのキャンペーンエントリーはこちらから。

ブラックフライデー連動のスタンプラリー

ブラックフライデー連動のスタンプラリー
ブラックフライデー連動のスタンプラリー

Amazonでは、2021年12月17日までにスタンプを5つ集めると「10人に1人最大50,000~500ポイント」が当たるチャンス!なスタンプラリーが開催しています。

  • ポイントアップキャンペーンにエントリーする
  • Amazonプライム配送特典の対象商品を購入する
  • Prime Videoを観る
  • Amazon Music Primeを聴く
  • Prime Readingの本を読む
UT

スタンプの1つである「ポイントアップキャンペーン」へのエントリーは、2021年12月02日23時59分までに完了する必要があります。

リンク:Amazonプライムスタンプラリーはこちらから。

UT
UTの日常

1985年生まれ1児の父親です。ブログとか副業で収入を得る手段を模索中であります。(無理しない程度が理想wだから実績が出ないorz)
UTのプロフィール
Amazon欲しいものリスト

2019年11月29日システムPHP,Twitter API,プログラムコード

Posted by UT