Twitter APIの利用申請から基本的な使い方まとめ【PHP】

2021年10月20日システムPHP,Twitter API,プログラムサンプル

Twitter APIの利用申請から基本的な使い方まとめ【PHP】
Twitter APIの利用申請から基本的な使い方まとめ【PHP】

Twitter APIの利用申請からPHPでcURLを使った基本的な使い方についてまとめて紹介します。

UT

Twitter開発者プラットフォームの利用申請からPHPでcURLを使った利用方法を紹介します。

参考:Twitter REST APIの使い方 – Syncer

Twitter開発者プラットフォームの利用申請

Twitter開発者プラットフォームの利用申請
Twitter開発者プラットフォームの利用申請

Twitter APIを利用してTweetしたりするためには「Twitter開発者プラットフォーム」へ利用申請を最初に行う必要があります。

Twitter APIを利用するまでの大まかな流れ
  • Twitter開発者プラットフォーム画面で行う
    • Twitter開発者プラットフォーム画面で利用申請を行う
    • 申請結果メールが届く
    • Twitterデベロッパーアプリを作成
      • APIキーやトークンを取得
  • プログラムを実装する
    • Twitter APIを利用するプログラムを実装

Twitter開発者プラットフォーム画面で利用者登録する方法

まずはTwitter開発者プラットフォーム画面へアクセスします。
URL:https://developer.twitter.com/en/apps

No apps here.
No apps here.

すると、まだ登録していないので

No apps here.
ここにアプリはありません。

You’ll need an app and API key in order to authenticate and integrate with most Twitter developer products. Create an app to get your API key.
ほとんどのTwitter開発者製品を認証して統合するには、アプリとAPIキーが必要です。 APIキーを取得するためのアプリを作成してください

と表示されていると思います。

ここからTwitter開発者プラットフォーム利用申請へ進んでいきます。ただ利用申請するための入力フォームが英語で申請を行う必要があります。

日本人にとってはハードルが高い💦

でも難しくないです。

UT

英語力0の自分がGoogle翻訳を使って申請しても一発で合格することができたので、安心してください!

詳しい手順は以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。(日本語の翻訳も載せています)

Twitter APIをPHPでcURLを使ってTweetする3つの手順

Twitter開発者プラットフォームの利用申請が完了したら実際にTwitter APIでTweetを投稿したりすることが出来るようになります。

それではPHPでcURLを使った実装方法を3つの手順に分けて紹介します。

PHPでTwitter APIを簡単に利用できる「abraham/twitteroauth」というライブラリもおススメです。

手順1)request_tokenでリクエストトークンを取得

まず最初にTwitter APIのrequest_tokenを利用してリクエストトークン(認証コード)を取得します。そして取得したリクエストトークンを使って以下のような認証画面を表示させます。

Twitterの認証画面
Twitterの認証画面

Twitter APIのrequest_tokenをリクエストするPHPのcURLのサンプルコードで詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

手順2)access_tokenでアクセストークンを取得

次にTwitter APIのaccess_tokenを利用してアクセストークンを取得します。 仕組み的にはrequest_tokenとほぼ同じです。

手順3)updateでTweetを投稿

最後にTwitter APIのupdateでTweetします。updateではaccess_tokenで取得したアクセストークンを使用します。

ユート
ユート

1985年生まれ1児の父親です。Web系エンジニアを10年以上しています。
プロフィール
Amazon欲しいものリスト

2021年10月20日システムPHP,Twitter API,プログラムサンプル

Posted by ユート